関節痛の症状

年齢を重ねると現れる関節痛の症状の原因

 

関節痛と言えば大きく分けて、変形性関節症、関節リウマチ、運動によって起こる関節障害などがありますが、ここでは年齢を重ねる事で起こりやすい変形性関節症の原因についてお話ししたいと思います。変形性関節症とは最終的には関節を変形させる病気となり、原因は、間接と関節の間の軟骨がすり減る事にあります。痛みや腫れを繰り返し関節を変形させます。軟骨がすり減る要因としては、間接の冷え、悪い姿勢や歩き方、長時間に及ぶ同じ体勢、体重による間接への負担、などが考えられます。今までのご自分の生活を振り返って見て、心あたりのある方は注意が必要です。姿勢の改善に努めたり、間接の冷えの防止、長時間おなじ体勢をとる事が多い人は一定の時間で体勢を変えてみたりなどしてみると良いでしょう。また、元々O脚の人も変形性関節症になりやすいと言われており、正しい歩き方が出来ない事から関節に過度の負担をかけてしまう事が原因とされています。O脚改善のストレッチを行ったり、靴にインソールを使用したりなど、出来るだけ関節に負担をかけない様に心掛けましょう。

 

疲れ目回復サプリメント